読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死を前に人は何を想うか『イワン・イリッチの死』

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)

世俗的な地位と名誉を手に入れ、有能な官史として平凡な日々を過ごしていた主人公イワン。一つの些細な怪我から不治の病に侵され、心身が徐々に衰弱していく。あえて病気(≒死)を直視しようとしない家族や友人、医者に、イワンはすっかり気落ちしてしまう。

主人公は病状の進行に伴う激痛と周囲の反応に絶望し、それに耐えきれず始終呻くようになった。最後の数ページでイワンの断末魔と改心が克明に描かれる。溢れ出る生への羨望や恨みを、自分が死ぬことが迷惑をかけた周囲へのせめてもの報いになると、懊悩の原因である死を別の意味に昇華させ、イワンは黄泉の国へ旅立った。そこでこの物語は終わる。

献身的な介護をしてくれた召使ゲラーシムが居なければ、救われない末期であったろう。突然、余命を宣告された末期癌の患者は、このような状態に陥ってしまうのも頷ける。仮に私があと1ヶ月しか生きられないと分かったら、何を想い、そして残された時間をどう過ごすだろうか。果たして正気を保てるだろうか、自信がない。

映画監督の黒澤明氏は、この作品を読んで大きなインスピレーションを受け、そこから「生きる」という映画を撮影したそうである。たまたま私は本著を読むより先に、この映画を観たことがあったので、内容の関連性にひどく納得した次第である。TSUTAYAでレンタル出来るので気軽に観れるのも良いが、反面、内容は重たい。

人間はあっという間に歳を重ね、時間の経過とともに日々は流れてゆく。どれだけ医療技術が進歩しても、遅かれ早かれ人は皆必ず死ぬ。生病老死であり、会者定離なのである。究極の問いは、常に私たちに突きつけられている。日常に忙殺され目を反らすのも良いが、たまには直視せよという警告を与えてくれる、そんな本だ。

トルストイが書いた「戦争と平和」や「アンナ・カレーニナ」の2大長編も大いにお薦めするが、この中編も素晴らしい。やはりトルストイは天才である。

PS.フランツ カフカ「変身」と併せて読むと、近似性があって面白い。主人公イワンはカフカに言わせると、目が覚めたら虫であったのだ。